ダイソー(100均)でのプチブロック(PETITBLOCK(パンダ・ショベルカー))を紹介!

スポンサーリンク
PETITBLOCK
スポンサーリンク

 

こんにちは、あにぷらです。

 

おなじみになりましたダイソーのプチブロックも今回で最後となります。長いようで短いですね。

 

今回作成していくのは、パンダとショベルカーの2つとなります。なぜこの組み合わせ?と思うでしょう! 品切れで、パンダとショベルカーの購入が遅くなったのでこの組み合わせになりました。「はたらくくるまシリーズ」は5個なので余るんですよね・・・。

 

組み合わせは気にせず今回も作っていきましょう!

 

まず、完成品はこんな感じ!

 

 

 

プチブロック[パンダ]の作成

 

まずはパンダから作っていきましょう!

 

パッケージはこんな感じ、右上の色は笹をイメージしてるのでしょうか?

 

 

完成図です、笹が刺さってますね!!(竹です)

 

 

内容品は、ブロックと台座と説明書の3点セット

 

 

ブロックを取り出しましょう、丸っこいパーツがあるので転がりに注意!

 

 

1番目、パンダの下半身です。台座に重ねていくだけなので問題なし!

 

 

2番目、1番目に重ねていくだけなので特に注意する点はないですね。

 

 

3番目、2番目に重ねていきますが、中は空洞になっています。さらに上部を作るときは力を入れすぎると内部に折れますので注意!

 

 

4番目、頭の下部分を作っていきます。力を入れすぎないようにそっと作りましょう。(4番目以降を先に作ってから、体と合体させる方法もあります。その場合ははめる場所に注意しましょう。

 

 

5番目、パンダの頭(中部)になります。中身が見えてしまっていますね・・・。ここは力を入れすぎると、外側か内側のどちらかに折れます!そっと優しくつくりましょう。

 

 

6番目、頭(上部)と耳を付ければパンダの完成です!ここもそっとつけましょう、内部に落ちます!

 

 

7番目、竹を作って完成です!笹ではなく竹ですね。

 

 

完成しました、上野動物園とかにいそうな貫禄がありますね。ふとましいところとか!

 

正面

 

斜めから

 

斜め後ろから

 

左:seriaのマイクロブロック  右:ダイソーのプチブロック どちらも同じパンダですが、ダイソーのほうがずんぐりしていますねw

 

 

スポンサーリンク

 

プチブロック[ショベルカー]の作成

 

次はショベルカーを作っていきます!

 

パッケージはこんな感じ。

 

 

完成図です、はたらくくるまはかっこいいですね!

 

 

内容品はブロックと説明書の2点セット

 

 

ブロックを取り出しましょう、転がるパーツもあるので気を付けて。

 

 

1番目、キャタピラを作成。左と右で少し違います。

 

 

2番目、キャタピラの中央パーツを取り付けます。ここがジョイントパーツで上部をひねることができるようになってたら面白かったでしょうねw

 

 

3番目、本体を組んでいきます。この部分は説明書通りに組んでもよいですし、上部を作ってからキャタピラに取り付けても大丈夫です。上部を作ってからのほうがやりやすいです

 

 

4番目、本体にさらに取り付けていきましょう。中央にあるジョイントは後から取り付ける用ですが、つけづらい・・・。

 

 

5番目、本体部分が完成しました!

 

 

6番目と7番目。ショベルカーのショベル部分とアーム(先端側)です。

 

 

8番目、アーム(本体側)です、説明書がちょっとわかりにくいです。

 

 

9番目、は6・7・8番目を接続します。パチッとつけていくだけなので簡単です。

 

 

10番目、本体の中央ジョイント部分に取り付けます。なかなかつけにくくアームが折れそうになります・・・。

 

 

11番目、いい感じにアームをまげて完成です!

 

 

正面から

 

斜め前から

 

アームは結構上がります、そして倒れないです!

 

あまりは掬って持っていきましょうねー。

 

 

こんな感じで、くるまと動物という異色のコラボでしたが、いかがでしたでしょうか。どちらもなかなか良い仕上がりになっています。くるまシリーズはかっこよくていいですね!

 

数多く作ってきたプチブロックも今回で最後となります。一覧でまとめた記事を出そうと考えているので、探しやすくなるんじゃないかな?とは思います。(以前の記事のリライトもする予定)

 

プチブロックはダイソーだけでなく、セリアやキャンドゥなどでも取り扱っているので、これらも作成していく予定です!

 

以上、今回はこんな感じでした!

 

コメントBOX

タイトルとURLをコピーしました