同棲生活を始めるにあたり必要な準備期間はどのくらい?物件・費用編

スポンサーリンク
恋愛・同棲
スポンサーリンク

 

恋人との新しい生活を始めるにあたり、必要な準備期間はどのくらいなんでしょう。

 

物件選びなんかも気になるのですが、何を買う必要があるのか最初にいくらくらい用意しておけばよいのかなど、気になる点はたくさんあります。

 

やはり新しい生活を始めるにはお金がかかりますね。賃貸契約から引っ越しだけでもかなりかかるのに、そのうえ家具や家電までそろえるとなると相当な金額がかかってきます

 

今回はそういった「同棲生活を始めるための準備期間」について書いていきます。

 

同棲するために必要な心構えとかあいさつとか円満に続けるための~とかは今回は省きます。

 

では行ってみましょう!

 

準備期間はどのくらい必要?

 

同棲を始めるにあたり、準備期間も必要になってきます。

 

直前になってばたばたするのはよくないですからね。 即決即行動の猛者も世の中にはいますが、私はそんなに行動力はないので、準備期間は大事にしていきたいです。

 

同棲を始めるにあたり必要な準備するもの

  • 物件の準備
  • お金の準備
  • 生活必需品の準備

 

家さがし(物件の準備)

 

同棲するための物件を探すのに必要な準備期間はどれくらいなのでしょう?

 

1年とか半年前から探し始めるのはさすがに早すぎる気はします。よさげだと思ってた物件も、いざ借りようとしたときにはなくなってる可能性は高いですからね。(物件を調べて新生活に想いを馳せるのはOKです

 

では、実際にどのくらい前から探し始めるのがよいのでしょうか?

 

物件探しと、見学などを含めると大体2か月ほど前から探すのがよいと思われます。情報収集最低でも3か月前からは始めておきたいですね。

 

物件の間取りや、立地などこだわりを持って探す場合はこのくらいかかると思います。物件を見て回る必要もありますからね

 

選んだ場所で少なくとも1年以上暮らすことを考えると最低でも10件ほどはておきたいところ。

 

近距離での物件探しならそんなに必要ないかもしれませんが、遠距離や遠方での物件探しだとこのくらいはほしいところです。

 

しかし、注意しないといけない点もあります。

 

物件は予約できません!

 

融通を利かせてくれるところはあるかもしれませんが、「3か月後に契約するので予約したい」なんて言っても相手にはしてくれないでしょう。

 

その点は注意して物件を探していきたいところです。

 

物件選びに関しては、後日ページを作ります。

 

お金の準備

 

もうすでに貯金たくさんあるからいつでも行けるぜ!って人ならこの期間は省いても大丈夫ですが、貯金がない場合はお金の準備が必要になってきます。

 

貯金できる金額によって期間は変動するでしょうが、大体6か月~1年ほどは見ておいたほうがよいでしょう。家電なんかもほしいですからね。

 

初めての同棲生活だと特にいろいろほしくなるものです、あれこれほしいですね。私はほしいです!

 

二人で一緒に貯めることができる状況を作っておくのがよいでしょう、貯金用の口座を作ったりとか! そのほうがモチベーションも上がります

 

実際いくらくらい貯める必要があるかというのは、「物件」「引っ越し」「必需品」によっても変わります。こちらにちょっとした記事を書いたのでよろしければ。

賃貸物件を借りる時の初期費用は?どんな費用が掛かるの?数字で検証!
引っ越すときはいろいろと費用が掛かりますね、「引っ越し費用」「賃貸の費用」「生活必需品の費用...

 

生活必需品の準備

 

生活必需品を購入するのは物件選びが完了してからがよいでしょう。置くところがないですからね

 

ここは「物件」や「引っ越し」の費用を計算したうえで、お財布との相談で決めるのがいいでしょう。

 

しかし、ベッドカーテン掃除機など必須なものもあります。

 

そのため、お金を準備する段階で最低限必要なものは話し合っておいたほうがよいでしょう

 

まとめ

 

必要期間をまとめると

  • 物件の情報収集は3か月前、物件探しは2か月前
  • お金の準備は6か月~1年前
  • 生活必需品の選定はお金の準備の段階で、購入は物件が決まってから

このくらいの期間があれば、十分な準備ができるので、余裕を持った同棲生活をスタートできます。

 

この記事が参考になれば幸いです!

コメントBOX

タイトルとURLをコピーしました