スキー初心者がガーラ湯沢でスキーをしてきた!感想と準備したほうがよかったもの

スポンサーリンク
旅行
スポンサーリンク

 

こんにちは、あにぷらです。

 

このたびあにぷらは念願だったスキーに行ってきました! 高校生の時に修学旅行で行ったっきり人生二度目のスキーです!

 

結論から言うと非常に楽しかったですが、基本的にもやしなのでスキー中ひざから下が取れてどっかに行くかと思いました。 それに試してみてわかりましたが、もっといろいろ装備を整えたほうがいいなーと思いました(コナミ)

 

初心者向けのスクールにも参加してきました! 初心者向けなので「滑ることができるようになる」くらいのレベルですが、多少は上達したかな?

 

 

ガーラ湯沢とは?

 

ガーラ湯沢とは・・・

 

ガーラ湯沢駅に直結しているスキー場である!!

 

上越新幹線でガーラ湯沢駅に行ったらそのまま受付をしてレンタル品なんかも借りることができるので非常に便利なスキー場ですね。 新幹線を降りたタイミングでは少し寒いですがドームの中なので雪にも降られないし、そのまま室内に行けるのでかなりいい感じ!

 

手前の越後湯沢駅からはガーラ湯沢駅に無料のシャトルバスがあるので簡単に行けるのもポイント! 越後湯沢は温泉地としても有名ですからね、いつかは越後湯沢温泉にも行ってみたいものです。

 

 

料金はどれくらいかかる?

 

行く曜日やレンタルする道具にもよりますが、東京から日帰りで2万円~で行けます、私の時は2万4千円ほどかかりました! 何度も行く場合は道具を購入してもいいですね、私もいろいろとほしくなりましたがなかなか行けないので断念。

 

ざっくり料金

  • 新幹線(リフト券セット) 1万1千円~1万4千円ほど
  • レンタル(事前予約で20%引き)  9千円ほど(値引き価格)
  • レッスン(2時間) 3700円
  • ロッカー 1千円
  • ガーラの湯 1千円~

フルレンタル・温泉まで入ったら合計で29000円ほどかかります、手袋やニットキャップはレンタルですが買い取りなので次回にも使えます。 持っているものがあれば少しお安くできますね。

 

新幹線やリフト券はえきねっとなどのツアーを利用するのがよいです、通常で行くよりかなり安くなります! 新幹線は往復1万4千円ほどになりますからね、リフト券分くらいは安くなります。

スキー&スノーボード特集 びゅう

 

人生二度目のスキー体験!の軌跡

 

ここからはスキーに行って楽しかったという感想です、写真はあんまりとれなかったので少なめですが満喫しました!

 

新幹線で東京駅からガーラ湯沢駅へ

 

新幹線のフォルムって非常にスマートですよね、これからこの新幹線に乗ると思うとオラワクワクすっぞ! ちなみに乗るのはグリーン車です、なんてブルジョワジー! 新幹線のグリーン車も初体験!

 

 

新幹線グリーン車からの風景! 車内は映していません・・・なんという体たらく! 車内は結構広々としていてよかったです。

車内販売のチラシを見ながら何を買おうかとわいわい思案していると、「車内販売はありません」という無慈悲なアナウンスが流れました・・・、1時間半ほどですからね!仕方ないね!!(涙

 

東京駅でおにぎりを購入し、持ち込みのドーナツ(ミスド)を食しつつ、外を眺めていると・・・軽く寝てました。起きたのは雪国に入る少し前。 トンネルを抜けると雪国でした!

(写真なし)

 

 

ガーラ湯沢に到着! からの着替えてスキー場へ

 

ツアーで購入したので到着したらスキー券の引き換えを行い、そのあとは予約しておいた貸し出し品を受け取りに行きます。 今回はスキーなのでレンタルしたのは

  • スキー 3点セット(スキー・ブーツ・ポール)
  • ウェア(上下)
  • ニットキャップ

グローブはバイク用に購入したけど操作しづらくて放置していたスキー用グローブを持参!

 

ロッカーは1000円かかるので、複数人で使用するのがいいですね! 着替え場所は男女別にありますがロッカーは共用スペースなので着替えやすい恰好で来るといいかもしれません。

※ロッカーはパスワードを決めるタイプなので周りの人に知られないように共用しましょう!

 

ここで分かったこと、スキーの靴は固いうえに歩きにくい! (歩くのはきついですが、滑っているときは逆に安定します。)

 

 

スキーセンターからゴンドラでレストハウスへ

 

着替え終わったらゴンドラでレストハウスへと移動します、スキー靴をはいての移動+スキーを持っての移動なのでかなりの重労働です、ここで挫折しそうになります。 しかし、気を振り絞ってゴンドラへ! ゴンドラからの眺めはなかなかいいものでした。

 

 

さすがスキー場!真っ白ですね、ここも一応滑ることができるそうですがかなり上級者向けみたいでスキーの跡はありませんでした。 午後からは増えるのかな?

 

ゴンドラに乗り込むときはゆっくりだったので、快適なゴンドラの旅なのかと思いきや乗ってすぐに急加速ですよ、ゴンドラ半端ない! ものの数分でレストハウスへ到着してしまいました。ゴンドラすごい!

 

 

レストハウスでスクールの予約と雪山へ繰り出す

 

レストハウスにて初心者スクールの申し込みをしました、お値段は3700円!受付用紙に必要事項を記入して受付にて支払いを行います。 支払い終わったらピンクの腕章をつけてもらい時間まで待機しましょう! いろいろと見て回っているとすぐに時間がたってしまいます。

受付の写真

 

レストハウスを出た直後の風景! 人がいっぱいいますね~。全盛期と比べるとかなり少ないとかなんとか、これでも結構多く見えますけど。

 

 

スキーレッスン【初心者編】

 

そんなこんなでスキーのレッスンが始まりました、内容は以下の通り

 

レストハウス付近での練習

  • 準備運動
  • スキー道具の説明
  • スキーとスキー靴の取り付け&外し方
  • スキーをつけて歩く練習
  • その場で方向転換
  • 横移動で登る練習
  • 八の字で止まる練習

練習場所が若干の斜面だったのでスキーを取り付けると後ろに滑っていくハプニング発生!

 

リフトの乗り方を教わったのちリフトで移動し、滑りながら各箇所での説明

  • 斜面にて八の字での走行と止まり方
  • 走行中の方向転換
  • 急斜面ではジグザク走行を行う
  • 転ぶときの方法

などなど、初歩の初歩ですがこれが慣れないとなかなか難しい・・・。 途中で先生が呼んだら一人ずつ走行するところがありましたが、なかなか呼ばれないというところがあり・・・呼ばれる前に説明を始める始末! 私がうますぎたからかな? 「大丈夫そうね」とか言われたし!

 

次回は初級者の講習でも受けてみようかな?

 

 

レッスンが終われば自由行動

 

2時間のレッスンを受けたのでそれなりにできるようになったと勘違いしたあにぷらが向かった先は初・中級者コースでした! 「エンターテイメント」という初・中級者コース! 簡潔に言うと中級者コースはやばいね、カーブとか多いわけでもなく単に傾斜がきついくらいだったのですが、これはやばいです。

 

まず何がやばいかというと止まれない、初級者レッスンで習ったジグザグ走行を駆使しつつ応用してさらに昇華させるくらいの勢いがないと転んだり止まれなくなったり滑落したりするので注意!いったんコースに入るとなかなか戻れないので無理やり完走! 落ちるくらいならきれいにこけましょう!

 

その後は無理せず初級者コースである「エーデルワイス」へ、結構狭いコースではあるけど斜面は緩やかなのでまっすぐ進んでもスピードが出すぎることはないので無理なく進むことができます! 狭いので譲り合いながら滑りましょう!

 

初級者コースに行く前から雪が本降りに・・・滑り終わったときにはもう一度行く気力もなくなり終了しました。

ちなみに初級者スクールが終了したときにはひざが悲鳴を上げ、初中級者コースが終わったころにはひざが取れそうになっていました! ちゃんと鍛えてないとひざがやばいです! 相方はひざは大丈夫だと言ってたのでやはり下半身の鍛え方だと思います!

 

 

実際やってみてあったほうがよかったもの

 

スキーやってみてあったほうがよかったと思うものを羅列していきます、ガーラ湯沢ではいろいろとレンタルできるのですが、正直ちょっと・・・というものもあるので、ある程度の品は持っているとよいかもしれません、シーズンオフの時期にでも購入して次回につなげたいところ!

 

グローブ

グローブはガーラ湯沢でもレンタルできるのですが、レンタル品だと終わった時くらいには雪の水分でびっちょりとなります。 レンタルでもよいのですが持ち込みだとさらに快適に滑ることができます。 レンタルだと1000円ですが、購入しても1500円程度なので買うのがよいでしょう!

FengNiao スキー スノーボード グローブ アウトドア 冬用 スキー バイク 自転車 マリンレジャー トレッキング グローブ 防水 撥水 防風 防寒 360度保温ロック 通気性 男女兼用 日本国内品質保証 (ダークブルー, L)
FengNiao

 

派手な色でも案外大丈夫、気にならないものです! 手に合うもので撥水があればよいですね!

 

ネックウォーマー

ネックウォーマーはちゃんと口元が覆えるものにしましょう、適当に買った安いものを持っていきましたが、あまり意味がありませんでした。 それなりのものじゃないと滑ってる最中にずり落ちてしまうので注意です。

carwin ネックウォーマー 多機能 マフラー ターバン 帽子 フリース 2Way サイズ調節コードつき 防寒 防風 防塵 スキー スノボー 自転車 バイク アウトドア 男女兼用 ブラック
carwin

目だし帽くらいの勢いが欲しいですね! これだと頭も覆えるので結構使い勝手が良いんじゃないでしょうか!

 

ゴーグル

今回ゴーグルはレンタルしませんでした。雪が降ってなければ必要ありませんが、降ってくると必要だと感じることが非常に多かったです。 雪の中だとゴーグルがないと目が開けられません! 私は光にも弱いので晴れだと目が開けられません! というわけで必須です!

 

眼鏡にも対応しつつミラーレンズでかっこいい! そんなゴーグルです、来年はこのゴーグルでさっそうと雪面を駆け抜けようかな?

 

ニット帽

ニット帽もレンタルできますが、耳あての部分がないタイプなので用意できるならしたほうがいいですね、リフトを降りたときには耳が真っ赤になっていると言われました。 耳あてがないと深くかぶることになり視界も若干悪くなるので、あると便利!

 

相方の耳当て付きニット帽を借りていましたが、かなり違いますね! 次回行くときはちゃんと用意していきます!

 

 

スキーを経験しての感想と次回への展望

 

今回はスキーの前にオリンピックを見てから行きました、オリンピックでスキー競技を見てると案外行けそうなんじゃないかと錯覚してしまいますが、現実はそんなに甘くなかったですね・・・。 あれは今の私には無理です!

 

結構慎重に滑りすぎたとも思うので次回行く機会があれば転んでもいいからもう少しチャレンジをしていきたいと思います! その前にひざが取れないように鍛えるところから始めないといけませんね・・・善処します!

 

スキー用品もそろえたいと思ったり! スキーやスキー靴なんかはレンタルでもいいですがグローブ・ゴーグル・ニット帽はそろえておきたいですね、普段も使おうと思えば使えますし!

 

というわけで、次回へ向けて今から精進していこうと思います! 今から楽しみ!

 

以上!

 

 

コメントBOX

タイトルとURLをコピーしました