【旅行記】猫の島?福岡の離島「藍島・馬島」を観光目的に散策してみました【馬島編】

スポンサーリンク
旅行記
スポンサーリンク

 

福岡の離島制服をめざして島めぐりをしているあにぷらです。

 

以前、猫の島で有名な相島を巡りましたが今回は隠れた猫の島で有名?な「藍島・馬島」を散策してきました!
今回は藍島を出発して馬島で散策していきます!

 

前回の記事はこちら

【旅行記】猫の島?福岡の離島「藍島・馬島」を観光目的に散策してみました【藍島編】
福岡の離島制服をめざして島めぐりをしているあにぷらです。 以前、猫の島で有名な...

 

 

離島めぐり一覧(行き方も紹介)

 

能古島前後編
能古島前編能古島後編
相島前後編
相島前編相島後編
藍島編馬島編玄海島編

 

 

 

藍島を出発し馬島へ

 

前回、藍島を散策して猫たちと触れ合ってきました。
そして、藍島発2便目の船へ乗り馬島へ向かいましょう!

※藍島と馬島を出発する船では船内で切符を購入します。 切符を渡すのは降りてからとなります。

 

さようなら藍島、私は忘れないよ(泣)
藍島からの2便目に釣り人はあまり乗らないのかな? 2階の席をゲットすることができました!
しかし10月ともなると風が冷たいですね、ちょっと肌寒い・・・。

 

チケットは乗船時に購入していたのでばっちりです!
降りるときに渡しましょう!

 

おいでませ馬島!
ここで下船したのは私含め三人だけでした(私・猫写真撮る人・郵便屋さん)

 

馬島上陸と散策

 

第一にゃんこを発見! 歓迎してくれてる・・・? いや、この目・・・やる気だね!

 

なんかおしゃれな感じのにゃんこを発見!
毛並みがいい感じです。

 

自動販売機と郵便ポストがありました!
馬島には自販機もないという情報がありましたが、ちゃんと購入することができます。
※ただし売店や宿泊施設はありません。

 

船を待つための待合室、中にはベンチがあるくらいですが日差しをよけられるので悪くはないですね。

 

待合室裏にあるトイレは和式のみです、引き戸がちょっと固いのが難点かな?

 

日陰にたたずむにゃんこを発見、こちらをじっと見つめてきます。

 

どの子も結構人懐っこいですね、写真を撮るためにしゃがむと寄ってきてくれます。
なでろってことでしょうか?

 

にゃんこはのちほどとして散策開始

 

おわかりでしょうか・・・左の社にはにゃんこが寝ていることに・・・。

 

大山祇神社です。そんなに大きくなくこじんまりとした感じ。

 

砲弾が奉ってありますね。

 

島内はこんな感じの道が多くあります、たまにぬかるんでたり!

 

海岸へと出てきました、なかなかいい眺め!

 

おそらく六連島です、結構近いですね!

 

カニを発見! なんか自然って感じがしますね!

 

島の左端を目指しましたが、ちょっと厳しそうだったので断念。
この辺りは畑の広がる場所になっています、ネギの栽培が多いかな?

 

気になる高台があったので登ってみました、傾斜は30~45度くらいあるんじゃないでしょうか、かなりきつかったですがとりあえずGO!

 

貯水槽?とネギ畑がありました、ここまで登った苦労とは・・・。

 

島の右側に来ました!
これで馬島制覇と言っていいでしょう!そうします。
右側の海岸は岩場が多くかなり滑りやすい・・・そしてふなむしがわっさー・・・。

 

釣り人があげる魚を取り合っています。
以前、エサ食べなくなるから魚やらないでと島民に言われたという裏話をこっそり小耳にはさみました!

 

ここから馬島にゃんこのターン!

 

いったいどこを見ているのでしょうか(さっきまではじっと見られてました)

 

こちらをじっと見てきます、つぶらな瞳が可愛い!

 

近い近い! ガンガン寄ってきます。

 

こちらも寄ってきにゃんこ! しゃがむとすぐにすり寄ってきます。

 

何か物憂げな表情・・・。

 

一瞬だけこちらを見たかと思ったらすぐに寝ました。

 

こっちみんなと言わんばかりの表情

 

ここは猫パラダイスか!!!

 

お魚を取り合うにゃんこたちを影から見守っていたにゃんこ、哀愁の漂う背中。

 

帰り際広場にいた子を撮影、結構おとなしいですね。

 

ちょっと出た舌がかわいらしい!

 

 

まとめ

 

というわけで、藍島と馬島の散策が終了しました!
馬島には藍島と変わらないくらいの猫たちを発見しました、島が小さい分密集度は馬島のほうが高いですね!

 

藍島も馬島も海岸は結構フナムシが群生しているので苦手な人は注意していくようにしたいところ。
後岩場が非常に滑りやすく、こけたら穴が開きそうな岩が多いのが難点ですね。

 

離島めぐりはまだ続けていきたいと思うので、今後もお付き合いいただければと思います!

 

 

離島めぐり一覧(行き方も紹介)

 

能古島前後編
能古島前編能古島後編
相島前後編
相島前編相島後編
藍島編馬島編玄海島編

 

 

コメントBOX

タイトルとURLをコピーしました