ミニスーパーファミコンを購入したので、サイズを比較しつつ開封!

スポンサーリンク
ゲームレビュー
スポンサーリンク

 

10月5日に任天堂から「ミニスーパーファミコン」が発売となりました。私は発売日の翌日に購入しました!(予約だからね!仕方ない!)

 

ミニスーパーファミコン」とは?って人のために説明すると、小さいスーパーファミコンのことです!そのままです。

 

この小さい本体の中に、なんと「20+1」ものソフトが入っているのです!

 

20+1」と書いているのは、「未発表タイトル」が入っているからなのです!!

 

そのソフトとは・・・なんと! 「スターフォックス2」なのです!

 

と、言っても私は「任天堂64」でしかやったことないのでよくわかりませんが・・・

 

気を取り直して、開封していきましょう!

 

開封の儀

箱からしてミニ!

 

箱はこのくらいのサイズ。と言ってもわかりにくいと思うので・・・

 

ニンテンドースイッチと比較してみました、ほぼ同じくらいの幅ですね!

 

多くのソフトが入っていることをアピールしています。

 

USBで電源を確保するようです。これはスマートフォン用の充電器も使用できます。(マイクロUSBでの給電になります。タイプCとかアイフォンのとかは使えません)

 

中身はこんな感じ!説明書がドン!!(しかし、この説明書は本体の説明書なのでペラいです)

 

説明書をとると、本体とコントローラーが見えてきました。こう見ると結構小さいのがわかりますね。(右で見切れてるのはスイッチです)

 

本体もミニ!

 

スイッチが隠れないほどの大きさ!これはなかなかに小さい!!

 

スーパーファミコン(大)のソフトと大きさを比較してみましたが、これは・・・

 

これは差せません・・・無謀すぎました。(ちなみに、本来ソフトをさす場所は開きませんでした

 

コントローラーも比較。本体よりコントローラーのほうが大きいですね。このコントローラーは今までのスーパーファミコンと同じサイズになっています。

 

コントローラーの端子はこんな感じ、あまり見ない端子です。

 

新旧並べました

並べてみるとこうなりました。なんだか親子みたいですね!

 

コントローラーのサイズは同じ!違うように見えたら、それは遠近法のなせる業です。(重ねるとちゃんと同じサイズでした)

 

本体をもっとよく見てみる

 

前面です。ちゃんとコントローラーを差すところが再現されています。(ここにはさせないです)

 

背面はUSBケーブルを差すところと、HDMIケーブルがあります。

 

差すとこんな感じ。ケーブルを差してるのではなく、ケーブルに刺されてる感じがしますね。

 

付属品(ケーブル)

 

付属のHDMIケーブルと、USBケーブルです。これは自前のものも使えます。

 

起動してみる

 

スーパーファミコンと同様に、左のスイッチをオンにすると起動します。起動すると赤いランプが点灯します。

そして、リセットボタンもちゃんと押せます!(それ以外は押せません)

 

さて、コントローラーはどこに差すんでしょう?あのケーブルを差す穴があったようには見えなかったのですが・・・

 

お・・・おう・・・。そこが開くのね、確かにコントローラー差すとこだけど!!

 

起動させるとこんな感じ

 

このような感じで、入っているソフトが表示されます。1P/2Pと表示されているのは、二人でゲームをすることができるかどうかを示しています。1Pとなっている場合は一人用です。

 

ちょっと画質は荒いですね。しかしそこも味ってものです。懐かしい!!

 

これも好きなゲームでした!

 

(この後ずっとパネルでポンをやってました・・・)

 

まとめ

 

こんな感じで、思ったよりも小さいけど、ソフトはたくさん入っている。そして懐かしさからかずっと遊んでしまう。そんなゲームになっています。

 

ソフトも名作ぞろいなので、かなりの時間遊んでいられます!

 

今もやりたくてうずうずしています!(ソワソワ)

 

今回はそんな感じでした!!

というわけでやってきます!!(次回もまたよろしくお願いします)

 

 

P.S. スーパーファミコンは、電源を入れるとACアダプタから煙が出たので比較できませんでした。

コメントBOX

タイトルとURLをコピーしました