カードローン増額の封筒がきたけど・・・あげることによるメリットはあるの?

スポンサーリンク
金融
スポンサーリンク

 

こんにちは、「あにぷら」です。

 

先日、とある「地方信用金庫」から、1通の封筒が届きました。

 

内容は、カードローンの契約内容変更(限度額増額)だったのですが、カードローンの限度額を増額しないか? ではなく、カードローンの限度額を増額するから! でした。

 

どういうことだってばよ・・・そんなことたのんでないよ・・・。

 

しかも、増額しないのなら電話してね!しなかったら増額するよ!とのこと。(しかも返済方式変わってるし)

 

こういうことはやめて頂きたいですね、無駄に電話かけるのも面倒なのです…

 

結局電話して契約内容の変更はしないようにしたのですが、「限度額を上げても損はないので」(うろおぼえ)みたいなこと言われるんですね、損がないなら上げないでいただきたいところ!

 

愚痴っても仕方ないですね、せっかくの機会なので「限度額あげても損はないの?」ってところを調べてみようと思います。(あと、なんで変更の対象になったのかも)

 

どういう人が限度額を増額されるの?

 

さて、限度額増額の対象になる人ってどんな人なんでしょうか。わたしはそんなに使ってもないですし、対象になるようなことした覚えはないのですが。

 

こんな人が対象になりやすいようです。

  • 返済日をきっちりとまもり、延滞させない人
  • 返済日よりも前に返済を行う人
  • 決まった返済額より多く返済を行う人

元消費者金融社員に聞く!キャッシング限度額を増枠されやすい人の条件 を参考

 

なるほど、これなら私は当てはまっていますね、返済日はちゃんと守ります!

 

増額することに対するメリットは?

 

私はあまりカードローンを使用することがないので、メリットを感じませんでしたが、このようなメリットがあるみたいです。

  • 様々な用途に使用できるお金が増える
  • 利用額によっては金利が下がる(金融会社によるようです)
  • 複数の会社から借りている場合は、まとめることにより返済をしやすくなる

というメリットがあります。

 

最後の「おまとめローン」は利用したことがありますね、複数の会社から借りるより返済が早く終わります。金利が1社分で済みますからね。

 

増額することに対するデメリットは?

 

「何かあった時に不安」という漠然としたものは持っていますが、具体的にはどのようなデメリットがあるのでしょうか。

  • 増額することにより、使いすぎて借金が膨らむ
  • 借りることができる枠が多いと、家のローンや車のローンに通りにくくなる

計画的に利用できる人にとってはデメリットが少ないかもしれませんね。

 

私の利用している金融機関は、リボ払いのようなシステムなので限度額まで借りると毎月一定額返済しようとすると1年以上かかります。返済が終わりません(一括返済は利用できます)

 

返済方式が変更になるんですが・・・

 

今回提示された契約内容で変更を行うと、「返済方式」が変更になると書いていました。

 

今までは、どれだけ借りても一定額の返済だったのに、変更すると「○万円以内だと○円」のように「借りた金額に応じて返済金額が変更になる」ようです。

 

今まで :10万円借入⇒5千円返済

これから:10万円借入⇒3千円返済

 

少額の借入だと、返済を先延ばしにするための方式にしか見えないんですがそれは・・・この部分を変更する意味が分かりませんね、同じでいいやないですか!

 

 まとめ

 

今回のメリットデメリットをまとめると

  • メリットは、使えるお金が増える、金利が下がる、おまとめできる
  • デメリットは、使いすぎる、家・車のローンに通りにくくなる

 

というところでしょうか。

 

私は今回の契約内容変更にメリットを感じなかったので変更はしませんでしたが、計画的に利用する人にとってはメリットもあるかと思います。

 

しかし、電話での営業ならともかく、封書での通知で連絡しないと契約変更しますよってのはどうなんでしょう。

 

どこも同じようなことをやっているのかもしれませんが、ローンの契約自体を考えたくなってしまう一件でした。

 

以上

 

コメントBOX

タイトルとURLをコピーしました