神奈川県横浜市にある爬虫類カフェ「横浜亜熱帯茶館」に訪問!おいしい中国茶とかわいい爬虫類たちに癒されました!

スポンサーリンク
爬虫類カフェ
スポンサーリンク

 

 

こんにちは、あにぷらです。

 

神奈川県横浜市にある爬虫類カフェ、横浜亜熱帯茶館を訪問しました。

 

もともと爬虫類に嫌悪感は感じておらず特別な何かも感じてはいませんでした、しかし実際に走り回っているところや寝ているところを見ると結構可愛いく感じてしまうものですね!

 

今回は、横浜亜熱帯茶館を訪問してみて感じたことなど書いていこうと思います! 思った以上に楽しい時間を過ごすことができました!

 

最後に店舗情報をのせていますので、そこだけ知りたい方は目次からどうぞ!

 

では、行ってみましょう!

 

横浜亜熱帯茶館に突入

 

「横浜亜熱帯茶館」へはJR関内駅から徒歩8分ほどで到着します。

 

 

営業中・・・なのはわかりますが少し入りづらい雰囲気が漂っています・・・。
おそるおそる会談の先をのぞき込むと、階段の先に営業しているらしい看板があったので上がっていきましょう!

 

 

外からの見た目はいろいろとインパクトのあるものでしたが、反して階段はきれいですね。(失礼)

 

 

2階に上がると「横浜亜熱帯茶館」の看板を発見! おそるおそる上がってきたので看板を見たら安心しますね。

 

 

入り口にはからかなりの歓迎されっぷり!
扉を開ける時は注意を払ってあけましょう、扉付近を走り回っている子たちがいる可能性があります!

 

 

入店すると最初に着席を促されます、着席後は説明がありお茶を注文してから爬虫類スタッフたちと触れ合うことがでるようになります。

 

メニューに注意事項が書いています、ワンドリンク注文した後は時間制限なしというのはかなり良心的じゃないでしょうか、 お茶も一度注文すると数回継ぎ足して飲むことができるので、かなり長い時間滞在することができます!

※ただし、「混雑時のご利用は2時間までとさせて頂きます」とあるので、混雑時には注意が必要です。

 

 

ご利用の手引きををざっくりと記載

  • ワンドリンク制、席料・チャージ料は飲み物に含まれる
  • 時間制限なし、但し混雑時は2時間まで
  • 全席禁煙
  • 撮影は可能、但しフラッシュは禁止
  • 席を離れる時は貴重品に注意
  • サルモネラ菌を保菌しているため、未就学児童や妊娠中の場合は入店お断り
  • 爬虫類スタッフに触れる前後には手の洗浄と消毒をしましょう
  • 爬虫類スタッフのストレス軽減と衛生のため、持ち上げたりエサに触れたり枝に触れたりはしない
  • 化粧直しや抑汗剤などは使用しない

 

爬虫類の98%がサルモネラ菌を保菌しているのは初めて知りました、亜熱帯茶館ではお茶やお菓子をたしなむことができるので、健康な方でもちゃんと手の洗浄と消毒には気を付けておきましょう!

 

 

手洗い場には非常にかわいいイラストがありました。
手の洗い方を書いているのでしっかりと洗いましょう!

 

 

工芸茶(花茶)とクッキーを注文して、念願のうろうろタイムです!

 

アルゼンチンレッドテグーが寝ております。 これはかなり愛らしい寝顔ではないでしょうか!どうですか?

 

 

つぶらな瞳のソメワケササクレヤモリさん、隠れてなかなか出てきません!

 

 

うろうろしていると、注文していたお茶が届きました!
これは工芸茶というものらしく、お湯を入れて数分おいておくと花が開いて見た目でも楽しめるお茶のようです。

 

 

急須?の中にはガラスの茶こしが入っているので、ふたの上に置いてから飲みましょう。こういった形式のものはなかなか見かけないので新鮮ですね。

5~6煎楽しむことができるのもありがたいところ、お茶だけだと1000円ほどなのでなかなかリーズナブル!

 

 

米粉とココナッツのクッキーも注文しました、こちらは200円で4枚です。見た目が非常に可愛くて食べるのがもったいないですね! しかし、無慈悲に食べてしまいます!!

・・・思った以上に固かった、堅いおせんべいくらいの堅さがありましたが、味は非常においしかったです!ココナッツの風味が美味! 追加注文したくなるほどでした。(この後夕食の予定があったので追加は控えましたが)

 

 

お茶とお菓子を堪能したらまたうろうろしましょう! 今度はふれあいコーナーへ・・・と思ったら外周を走り回る子たちに目を奪われてしまったので先にそちらへ向かいます。

 

外周をのそりと歩いていますね、見ての通り座席のすぐ近くを徘徊しています。
かなり至近距離で見ることができるのが横浜亜熱帯茶館のよいところ!

 

 

この辺りはあったかいんでしょうね、よくうろついています。

 

 

こっちみんなと言わんばかりに見つめ返してきました。

 

 

 

気を取り直してふれあいコーナーへ入っていきましょう! まずは注意書きを熟読してください。そしてしっかりと手の洗浄と消毒をしましょう!

 

お願いの要約

  • 手の洗浄と消毒をしましょう
  • 爬虫類スタッフを持ち上げない、ストレスやけがの原因になります
  • ゴハンを手渡しであげると指をかまれます
  • 爬虫類スタッフの落し物に注意しましょう!
  • 日没後の寝ている時間帯は入場を控えましょう

 

手を洗浄殺菌していざふれあいコーナーへ乗り込みます!!

 

いきなりスタッフ同士のけんかに遭遇します、結構長いことけんかしていました。争いは何も生まないよ!!

 

 

にらみ合いは続く・・・

 

 

亀たちはあまり外に出てこない様子。

 

 

たまにゴハンを食べに徘徊します。

 

 

ゴハン中・・・おいしいんでしょうか?

 

 

フトアゴヒゲトカゲは非常に元気に走り回っています。

 

 

木の枝に上ってみたり・・・

 

 

たまに水の中に落ちます・・・

 

 

ふれあいコーナーを出てお茶を飲み、さらにうろつきます。

 

ミルクヘビです、毒々しい色をしていますが無害とのこと(説明に書いていました)

 

 

館内マップもあります、爬虫類スタッフたちがどこにいるのかがわかりやすくなっています。

 

 

爬虫類グッズも販売しています・・・なかなかにぶちゃかわですね。

 

入り口や手洗いなどにあった、可愛いイラストの書籍も販売しています。

 

 

 

今回は1時間程度の滞在でしたが、なかなかに満足させていただきました! ぜひともまた訪問したいところ。 猫カフェにはない違った魅力がありますね。

 

店舗情報

 

店舗名:横浜亜熱帯茶館 〜爬虫類 Cafe 〜 

住所:〒231-0033 神奈川県横浜市中区長者町8丁目133 冨森商事 2F

Tel / Fax:045-263-4015

営業時間:11:00~21:00(ラストオーダー20:00)

定休日:火曜日・水曜日(月によって変わる場合あり)

ルート:日ノ出町駅(京浜急行本線)から徒歩5分

   :関内駅(JR・地下鉄)から徒歩8分

   :伊勢佐木長者町駅(地下鉄ブルーライン)から徒歩5分

亜熱帯茶館のサイトはこちらからどうぞ

横浜亜熱帯茶館 Top

 

 

 

コメントBOX

タイトルとURLをコピーしました