足がつってとても痛い!こむら返りの原因と対策

スポンサーリンク
病気・医療
スポンサーリンク

 

こんにちは、あにぷらです。

 

ついこの間、寝ているときにこむら返りにあいました。寝てたら足がつるというあの現象です!非常に痛い・・・あれは拷問ですね!(※こむらとはふくらはぎのこと)

 

嫌いな人に対する呪詛の言葉を「毎日寝起きにこむら返りにあえ!」って言っても差し障りないくらいに痛いしいやです。

 

なので、次回が来ないよう原因と対策を考えていきたいと思います!

 

今回のこむら返りで私がやったこと

 

 

今回こむら返りがあった時に私がやったこと・・・それは!

 

必死に耐えました。足を動かさないようにじっとして、声を殺して耐えていました・・・。あれはつらかった。

 

こむら返りがあると数日間ふくらはぎが痛いのも嫌な点ですね、歩くたびに違和感があるし、触ると痛いしなんなん?あれはなんなん!

 

まあとりあえず、数日違和感に耐え、現在はそんなこともなかったかのように人生を謳歌しておりますが、こういうのは忘れたころにやってきますからね・・・。

 

 

こむら返りの原因って?

 

 

こむら返りには様々な原因があります。

  • 寝ているときにつま先が伸びることによるふくらはぎの筋肉の収縮
  • 水分不足
  • ナトリウムやカリウムなど栄養素の不足
  • 急な運動

 

今回の私のケースでは、おそらくつま先が伸びていたせいだと思われます。水分もちゃんととっていましたので。

 

冬場は特に布団を重ねて重くなりがち、そのため布団の重みでつま先が伸びてこむら返りになりやすいのです。

 

足をのばして足の指をまげ、つま先から足裏を内側に曲げるように伸ばせば足がつります。一度やったら大変痛く後悔しましたが、「あ・・・つりそう・・・」ってのを経験できます!(責任は負いません!)

 

妊娠中はこむら返りになりやすい?

 

妊娠中の体重の増加。おなかが大きくなることによって、血管の圧迫が起こり血流が悪くなる。骨盤のゆるみによるふくらはぎの筋肉への影響。

 

赤ちゃんに栄養をあげていることによって、ミネラル不足に陥る。

 

こういった影響により、妊婦さんは足がつりやすい状況になってしまうそうです。

 

 

こむら返りにあってしまったら

 

 

こむら返りにあってしまったら・・・耐える!! のではなく、つま先をすね側に曲げましょう! ぐぐぐっっと曲げます!

 

こむら返りはふくらはぎの過剰な収縮が原因なので、なってしまったらその逆をするのです。 収縮したふくらはぎの筋肉を伸ばしてあげましょう!

 

伸ばしづらい状況にある場合などは、足をまっすぐ(膝を伸ばす)にして、つま先をすね側に曲げふくらはぎを伸ばしましょう。足の裏を壁につけて伸ばす・タオルを使って伸ばす・誰かに曲げてもらうなども効果的です!

 

 

おわりに

 

こむら返りは非常に痛く、いきなりくるので怖いですが、対処法を知っていればこむらがえりになってもあわてず騒がす対処することができます。

 

水分不足や疲労などによっても起こりやすいので、日々の生活を変えることも対策につながります。

 

あまりに何度もなるようであれば違う原因がある可能性があるので、病院に行って診てもらいましょう。

 

以上!

 

 

コメントBOX

タイトルとURLをコピーしました