リフォームとリノベーションの違いってなんだろう?混乱する!

スポンサーリンク
物件・賃貸
スポンサーリンク

 

最近、引っ越しをするかもしれないということで、いろいろと物件を探したりしてるのですが、備考欄に

 

「リノベーション済み」 の表記がありました。

 

ここで私は混乱します。リノベーション?リフォームとはまた違うの?

 

そして言い間違えます、「この物件はリフォームしてる・・・いや、リノベーションだったかな?」

 

そしてそしてさらに間違えます! 「イノベーションして・・・あれ?リノベーション?」

 

「リノベーション」やら「イノベーション」やら「リフォーム」やらわかりにくいですね、非常にわかりにくい!

 

内装綺麗にしてます!とかでいいんじゃないでしょうか!!

 

まあ、そんなこと言っても始まらないので、違いを説明していきます。

あとなんか追加されましたが、気にせず説明しようと思います!

 

リフォームとリノベーションの違いとは?

 

 

リフォームとリノベーションでどのような違いがあるのでしょうか?

 

この二つには明確な定義はないそうですが、

リフォームは「老朽化した建物を建築当初の性能に戻すこと」を指し、元に戻すための修復の意味合いが強い。

古くなったキッチンを新しいものに変えることや、汚れた壁紙を張り替えるなどの小規模な工事は「リフォーム」に分類される。

 

一方リノベーションは、修復だけでなく「用途や機能を変更して性能を向上させたり価値を高めたりする」行為も含むため、より良く作り替えるという目的が含まれている。

工事の規模も、間取りの変更を伴うような大規模なものを指すことが多い。

※wikipediaから引用

 

リフォームは小規模工事、リノベーションは大規模工事の意味でつかわれることが多いようですね。

 

ならばと、物件を検索していくと、「内装リフォーム済み」と書いていたり「内装リノベーション済み」と書いていたり・・・結局どっちなんだと混乱してしまいます。

 

緩い定義は一応あるけど、みんななんとなくで使ってるってことなんでしょうかね?

 

某テレビ局の大改造する劇的でビフォーアフターな番組では、リフォームの匠って言ってましたし! 

あれだけ大規模な改修工事をしていたら「リフォーム」ではなく「リノベーション」であって、「リノベーションの匠」ということになりますね!

 

あつくなってしまいました・・・

 

結局どう違うの?

 

なんだかんだと言ってきましたが、

 

・リフォームは、元の状態にもどしてますよ! とか、何か所か改修工事してますよー、という認識になります。

・リノベーションは、以前の物件は内装が古くて機能性が悪いので、いい感じに間取りとかいじって大幅に改修しときました!という認識になります。

 

物件探してると、外観は「なにこのぼろアパート・・・もうまじむり・・・」ってところでも、内装を見てみると「ピカピカやん・・・それに近代風・・・ここにするわ・・・!」ってって物件もありました! こういうところはリノベーション物件ですね。

 

[おまけ]イノベーションとは?

 

この記事を書いてる間、ゆうに10回ほど「リノベーション」と「イノベーション」の打ち間違えが発生しました。

 

非常に紛らわしいですね、ゆるすまじです! 許します!

 

この紛らわしい単語、イノベーションってなんでしょう?

 

イノベーションinnovation)とは、物事の「新結合」「新機軸」「新しい切り口」「新しい捉え方」「新しい活用法」(を創造する行為)のこと。

※wikipediaから引用

 

イノベーションとは、アイディアから新しい技術や価値を創造し、社会に対して貢献する、変化を起こすことをいいます。

 

リノベーションと違い、目で見えにくいところに対する言葉だと覚えればわかりやすいと思います。

 

以上!

コメントBOX

タイトルとURLをコピーしました